2006年03月14日

なぜ悩むのだろう?

人はなぜ悩むのだろう。

自分の事、家族の事、友達の事、仕事の事、健康の事、
その他まわりの色々な事。

私はなぜ悩むのだろう。

悩みだすと体がどっと重くなる。

筋肉もこわばってくる気がする。

心臓もギューっと締めつけられたように重くなる。

考える事が、マイナス、マイナスになってくる。

いけない、いけない、マイナスのどつぼにはまっている。
また、そんなことを考えてと自分を叱る、わかっている
早く抜け出さなければと思っている。

そんな時は無理して楽しい事を考える、幸せな自分を想像する。
マイナスの気持ちを打ち消し、プラスの気持ちを入れていく。

いつのまにかマイナスの考えから抜け出ようとしている自分がいる。

体が少し軽くなってきた。

筋肉もほぐれてきたような気がする。

でも、まだ何かが違う、スッキリしていない。

本当に楽しい時、本当に幸せを感じている時、体は
スキップしたくなるような軽やかさ。

筋肉も心臓もスッキリした爽快さになるのに、人の考え方
気持ちの持ち方でこんなにも違うのかと思う。

私のいる日本で、私だけの出来事で、こんなにも辛くなったり、
苦しくなったりするのに、戦争の終わらない国の人たち、
子供たち、どんなに日々辛い事だろう。

たえず、戦争の恐怖が自分のまわりにあり、満足に食べる物も
ないだろう。

人間としてなくてはならない、安らぎ、安堵感。
存在しなくてはならない平和、それが何故戦争によって
破壊されなくてはならないのかと思う。

その中で一生懸命生き抜いて、頑張っている人たちがいる。

それを思うと、私の悩みはなんてちっぽけな悩みなんだろう。

でも、私にとってはやっぱり辛い悩み。

今、落ち込んでしまっているけれど、もう少し待って
きっと元気になるから。

もう少し待って、明日はきっと元気になります。


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



posted by ワンコママ at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

朝のコーヒーと三文の得

私が幸せを感じる時間、それは一人でコーヒーを飲んホットしている時です。

家の近所のコーヒー店だったり、少し離れた場所まで行ってゆっくり
コーヒーを飲んだりと。

最近は朝に、モーニングコーヒーを飲みに行く事が多いです。

何でわざわざ外にまで行って飲むのと言われるのですが、1日のスタート、
家にいる自分と、これから仕事する自分の切り替えの様な感じなのです。

家にいるとまわりに気を取られ、やり残している事が気になりだすんです。
私が不器用なのかもしれないですね。

朝のゆっくりコーヒーを飲む時間をとる為に、早めに起きて、
自分だけの時間をとっているんですよ。

ボーと考え事をしていたり、本を読んだりと有意義に使える時間
朝なので、すっきりして気分もいいんです。

私にとっての早起きは三文の得なのかもしれないですね。

不思議な事に、朝のコーヒー店にいるお客様はほとんどいつも来ているお客様が
多いんですよ。

やはり、皆さんも同じように新聞を読みながら、本を読みながら、仕事に
入る前の切り替えをしているような感じに見えるのは私だけなのでしょうか?

私は、悩み事で落ち込んだ時、何か覚えようと勉強しようと思った時、
楽しい事を考え計画をする時、とにかくこの朝の時間が一番能率がいいような
気がします。

もちろん、友達と一緒に話しをしたり過ごす時間は楽しいいです。
でも、この一人の空間の時間は私にとって友達と過ごす時間と同じぐらい
特別な時間なのです。

本当に悩んでいる時は、誰にも話すことが出来ないんです。
気持ちをうまく伝える事が出来ないんですね。
愚痴で終わってしまうのが嫌なのかもしれない、結局自分一人で考えてしまい
そのうち、エーイ考えても仕方ないといつも切り替えるようにしています。

これもこの一人の時間にうまーく自己コントロールしているような気がします。

よく言うプラスへの気持ちの切り替えですね。

もちろん楽しい気持ちの時は、よりいっそうこの時間で今日も一日頑張るぞーと
自分に気合いを入れています。

早起きは三文の得、実感として私にはあります。

毎朝犬の散歩をしながら、お天気のいい日は、太陽が昇ってくる朝日を浴び、
朝の新鮮な空気を吸って、これも三文の得、とても気分がいいですよ。


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ







posted by ワンコママ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

不思議な出来事

少し前に起きた不思議な出来事ですが、聞いてくれますか?

友達と歩いていたところ、前に歩いていた女性の頭からヘアピースが
ポトッと落ちてしまいました。

エエ〜ッ!と思って顔を見合わせた私達、近くにいた他の女性が
落とした彼女に 「ヘアピースが落ちましたよ」 と拾ってあげたところ、
その彼女は、 「私のではありません」 と言って、さっさと行って
しまうじゃないですか。

そんなばかな〜!
確かに落としたじゃないの〜と、私達二人は思っていたんだけど。

まーここまでならよくある話?として、恥ずかしかったのかなと
話を終わらせるところなんだけど、話はここでは終わりませんでした。

次に何が起きたと思いますか?

ヘアピースを落とした彼女、振り返って戻って来ると、拾ってくれたその女性に
ヘアピースについているヘアーバンド、 「それは私のです」 と言って
それだけはずして持って行ってしまいました。

その瞬間、またまた顔を見合わせた私達、プッと吹き出して笑ってしまいました。
不思議な人もいるもんだとつくづく思ってしまいました。

何故、私のではないと言っておきながらヘアーバンドだけ取りに戻って来るなんて
未だに理解できないんだけど、ウ−−−−−ン やっぱりわからない!!

人間、素直が一番。
恥ずかしくても、ありがとう、ごめんなさいの一言が大事なのに。

ありがとう、ごめんなさい、そしてニコッとされたら、大概の事は許せるんだけどな。
そうは思いませんか?



posted by ワンコママ at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

親のありかた

先日、桂 才賀師匠の少年院面接委員としての活動を
テレビで拝見し、とても感動しました。

いきなり少年院に来る子などいない、まわりの対応に何かが欠けていた為と。
また、叱ると怒るの違いを話されていました。

叱るということは「過ちを正してやること」で、怒るとはまったく違う。

なるほどと感心しました。

今まで考えたこともありませんでしたが、叱るという言葉には愛情が
感じられます。

怒るという言葉には感情が感じられます。
悪い事を正すのではなく、自分の怒りから怒るのではないでしょうか。

悪い事をした事に叱られることは納得します。
訳がわからず感情で怒られても納得いくはずがありません。

スーパーで時々目にした光景ですが、子供連れのお母さん、子供が
レジの近くに置いてある商品を食べようとしたところ、お母さんが
子供に言いました。

「お姉さんに怒られるから食べちゃだめよ、戻しなさいです。」

怒られるから食べてはいけないんではなく、お店の物をだまってとって、
お金も払わずに食べようとしている、その事を注意しなくてはいけないんではと
呆気にとられた場面でした。

子供が可哀想、と一瞬思いました。
何が悪い事か親が子供に教えてあげなければ、誰が教えていけばいいの。

悪いことをした時は、愛情を持って叱り、
良いことをした時は、愛情を持ってほめてあげる。

以前、小学校の先生から聞いた話ですが、1年生の手のつけられない
いたずら坊主、悪さばっかりして何度注意しても一向に変わらなかった
そうです。

ある日先生は、見るに見かね、いたずらした時に叱らずギュット
抱きしめたそうです。

その子はその瞬間おとなしく黙ってしまったそうです。

小さい兄弟がいた為、親の愛情がその子供にまでいかなかったのでは
と、先生は話されていました。

子供は小さい時でも、大きくなっても同じです。
親に振り向いてほしい、子供は信号を出しているのです。

その時の信号をお父さん、お母さん気づいてあげてほしいです。

毎日忙しいでしょうけど、子供と向き合って笑ったり、泣いたり、
子育ては、親も一緒に育っていくと思います。

子供の成長は早くて、この大事な時間あっという間に過ぎてしまいますよ。

この大事な時間を大切にしてほしいと思います。






posted by ワンコママ at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

容量の限界

今年は例年より花粉が少なめと言われていますが、
人には花粉の入る器があるらしいのです。

その器は、人それぞれ大きさが違うようで、その器に
花粉が溜まっていき、溜まった花粉がその器から溢れた時に
花粉症になるのだそうです。

心の器も似ていませんか?

たとえば対人関係。
友達や仲間、家族、学校、仕事での人間関係、他何らかの
接点のある人達等、いろいろな人の繋がりがあると思います。

また、人それぞれの持っている心の器の大きさも違うと思いませんか?
そして自分と接する人によっても心の器の大きさは変化しませんか?

気の合う友に対しては寛大な心の器が持てても、苦手としている
人に対しては無意識に心の器の大きさが違うのではないでしょうか。

それぞれにストレスとなる言葉、行動、不安などを
心に留めていくと心の器の中にどんどんストレスが入り込み、
器の中がいっぱいになると溢れてしまいます。

このストレスが溜まらないように、溢れないように、ストレスを
発散することはとても大切です。

でも、それと同時に心にゆとりを持って人と接する考え方の
切り替えもとても大切かもしれないですね。

心の器が溢れそうになった時、大きな息を吸って深呼吸したら
器が広がって溢れないかもしれないですね。

溢れそうになった時、ちょっと深呼吸してみませんか?
posted by ワンコママ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

幸せって何ですか?

はじめまして、ワンコママです。

最近考えさせられる事が多く、ブログに書いてみようと思います。

幸せって何ですか?
どんな時に幸せを感じる事ができますか?

お金が沢山ある時ですか
好きな物を買ったときですか?
美味しい物を食べている時ですか?
それとも、家族、恋人といる時ですか?

幸せを感じる時って人それぞれ違うと思います。
その人それぞれの幸せの価値観の違いですね。

でも、お金があっても、欲しい物を買っても、美味しい物を食べていても、
家族や好きな人といても幸せではない人もいるかもしれませんね。

夫がもっとこうしてくれたら、子供がもっと勉強したら、
妻がもっと料理が上手なら、彼がもっと・・・、彼女がもっと・・・。

不満や幸せでない事を他人のせいにはしていませんか?

もし、小さい事に喜びを感じる事ができたら、その小さな事に感謝する事ができたら、
もっともっと幸せを感じられるのではないでしょうか?

今の幸せに気がつかず、もっと違う幸せがあると思ってしまうのですね。

しあわせの形っていろいろあると思います。
でも、幸せを感じる気持ちがないと、幸せを見つけることが出来ないのでは
ないでしょうか。

ちょっと自分を見つめてみて下さい。
自分の見方をかえたらきっと幸せが見えるはずです。

その見えてきた幸せに、プラス新たな幸せを発見して行くことって
とてもすばらしいと思いませんか。

自分の気持ちの持ち方で、幸せはいつも自分のまわりにありますよ。


もしよろしかったら、1クリックお願いします。
人気blogランキングへ












posted by ワンコママ at 23:31| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。