2006年06月01日

許せないオレオレ詐欺

頻繁に起きるオレオレ詐欺、他人事のように思っていた私だったの
ですが、身近で実際に起きたのです。

日頃オレオレ詐欺には絶対に騙されることはないと言っていた友達
が、オレオレ詐欺にあやうく引っ掛っりそうになってしまったのです。

ある日、信じられないような顔をして、私にオレオレ詐欺に騙され
そうになった事を、話してくれたのです。

彼女には息子さんがいるのですが、その息子さんから電話がかかってきたのです。

息子さんが交通事故をおこし、相手の人にケガをさせてしまったと
言うことでした。

これから病院へ行くんだけど居合わせた弁護士さんが間に入り、
示談の方向で、話を勧めているという事なのです。

会話の途中で息子さんと弁護士が電話をかわり、弁護士が話し始めたのです。

交通事故を起こしたことは息子さんの将来に関わる事だし、ここは
穏便に解決したいので、300万円用意してほしいという話でした。

嘘だと思いながら息子さんの声だし、息子さんの学校生活、夏の
夏期講習や息子さんの運転している車の保険会社の名前等
息子さんでなければわからない内容を話しているので、すっかり
信じてしまっているのです。

今すぐ300万円は用意出来ないが、100万円ならこれからすぐ
用意して持って行くのでという話で終わらせてしまっているのです。

電話を切った後、息子さんに電話をするのですが通じないのです。

彼女は急いで銀行へ行き、100万円を持って指定された場所まで
出かけて行ったのです。

指定された弁護士協会の事務所まで行き、中に入ろうとした時に
守衛さんから呼び止められ、話を聞かれたそうです。

誰がみても正常ではないように見えたのでしょう。

守衛さんから声をかけられ、事務所の場所を尋ね訳を話した時に、
「奥さん、あんた騙されているよ」と守衛さんから言われたのです
が、彼女は「そんなはずはありません、私は確かに息子と話を
しているのですから」と疑ってはいないのです。

「息子さんに連絡がつかないなら、学校に電話してみなさい」と
言われ、彼女は学校に電話をしたのです。

息子さんは学校にいました。

この時点で初めて自分がオレオレ詐欺に引っ掛っていた事を理解したのです。

結局オレオレ詐欺に振込をするように指示されたのですが、
息子にあって話したい為に直接弁護士にお金を渡そうと思った時点
で、お金を失う事はなかったのですが、私にこの事を話していた時
でさえ、まだ信じられない様子でした。

この彼女、自分は絶対に引っ掛らないと言っていたにも関わらず、
あっさり引っ掛ってしまったのです。

自分が引っ掛るのは信じられない、でも引っ掛って初めて
誰でも騙される可能性があると話していました。

親の子を思う気持ちに付け込んだ、許せないオレオレ詐欺、
人を騙してお金を得ようとする、やり場のない怒りが込み上げてきます。

悪い事に頭を働かせないで、もっともっとやらなければならないこと
はまわりに沢山あるはず。

良い事に、人を助ける事に、頭と体を使ってほしいです。


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 22:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして★
こないだ初めてブログ
を作ったので♪
是非あたしのブログ
にも来て下さいネ●○
ヨロシクです♪
・_・〜〜〜\( \)アアッ…カオガッ!!
Posted by ★★★ at 2006年06月01日 22:34
コメントありがとうございます。
あなたのブログにお邪魔したかったのですがURLが違っているようで、伺えないですよ〜
また遊びに来てくださいね。
Posted by ワンコママ at 2006年06月02日 21:07
身近にやっぱりひっかかる人がいるんですねぇ〜。すぐに払えるお金持たない方が何だかいいみたい。持ってなかったら用意するのに時間かかるから・・・・
コメントありがとうございました。幸い、わたしはこういった”悪”に対しては強い人間なので心配はいらないのですがわたしが無視することで他のみなさんに飛び火するのではと心配になりましたのでわたしなりに考えて強行手段をとらさせてもらいました。ブログはわたしにとって夢と励みです。きっとみなさんにとってもそうではないかと・・・だからこういう”悪をそのままにしておくわけにはいきません。わたしは大丈夫です^^これからもよろしくお願いしますね。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年06月03日 01:07
いつもコメントありがとうございます。実は「命の別名」シリーズのあのTさんの前妻さんや娘さんがTさんが亡くなって間もない頃からTさんが残した保険や遺族年金や・・・要するに財産分野についての提示の請求や財産分与の手続きの請求を現在の奥さんにして来てるのですがわたしの考えではあまりにもタイミング的に心が無いなぁーと思って憤りを感じているのですがみなさんはどう思うか意見を聞かせてもらえないでしょうか?Tさんが最後に選んで共に暮らして来た女性に対しての心無い言動や仕打ちは亡くなったTさんに対して砂をかけることのような気がするのですが・・・?
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年06月05日 13:36
さっそく、ありがとうございますわたしの記事のコメント欄にも書きましたが・・・わたしも実父が亡くなって似たような経験があります。でもわたしはこちらから一切請求はしていません。あちらの弁護士さんから呼ばれて初めて実父の死は知ったし財産分与も弁護士さんのおっしゃるとおりでおかしいと感じても異議申し立てもしませんでした。Tさんの娘さんは自分から弁護士はたててるので手続きのことを心配してるのではなく人としての心づかいを問いたかったのでした。わたしの説明が足らなくてすみませんでした。今回のわたしの問いかけに真剣に考えて答えてくださるみなさん・・・ここの仲間はほんとに素晴らしいひとたちばかりです。感謝です。

Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年06月06日 02:28
更新が止まってますがお忙しいのですか?お元気ですよね?
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年06月10日 13:18
書中お見舞い申し上げます。
こちらは今日、梅雨明け宣言がされましたがそちらはどうですか?
このところの雨の被害はないですか?
お元気なんでしょうか?
健康あってのすべてですね。
お体を大切にお過ごしください。
(バツイチ女のひとり言)
Posted by モモ at 2006年07月26日 13:00
お邪魔します。
今日はご報告とお礼に参りました。
わたしのブログを閲覧してくださるみなさん。
さらにコメントを残してくださるみなさん。
みなさんのおかげで「夢(目標)」がひとつ
叶うことになりました。

わたしのブログが文芸社さんより
書籍化され出版されることになりました。
書店発売予定日は11月1日。
(書店によってはずれがあるかも・・)
10月下旬より書店での注文可能。
発売開始日よりアマゾン、ヤフーブック、
ブックサービスでのネット注文可能になります。

本の主タイトルは 「愛唄」
(サブタイトル バツイチ女のひとり言)
ペンネーム 「咲 泰子(さくらやすこ)」
ペンネームの由来は亡き母の名前の泰子。
逆から読んだら「泰子が咲く」・・・です。
名づけ親さんの優しい発想です。

ほんとにみなさんのおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!!

ブログは更新ペースはゆっくりになりますが
今後も続けていきますので
どうかよろしくお願いします。


Posted by モモ at 2007年10月11日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。