2006年05月12日

子供の頃

5月といえば爽やかな季節のはずなのに、
今日の東京は、朝から肌寒さを感じるような陽気です。

例年ならすでに半袖で歩いている頃なのに、今年は上着がはなせません。

今週はほとんど雨の日が続き、梅雨がもうきてしまったのかと
錯覚するような毎日です。

私にとって5月は一番好きな季節のはずなのに、今年はとても晴れ
間が少なく、何だか損をした気分でいます。

私の子供の頃、東京に住んでいましたが、四季がもっとはっきり
していた気がします。

春になると入学式の時期は桜が咲き、土手にはのびるやヨモギ、
つくしが芽を出し、近くのお団子屋さんが土手で草団子にする
ヨモギを摘んでいる事もあり、一緒に手伝ってヨモギ摘みをしたり、
れんげの花を摘んで花輪を作ったりと楽しんでいたものです。

夏は今みたいにクーラーはなく、扇風機とうちわ、そして蚊取り線香でした。

今は蚊帳はなくなってしまいましたが、当時は蚊帳をつり、蚊帳の
上にボールをのせ、子供だった私は、寝ながら足をあげ、ボールを
蹴りながらはずませて遊んでいたのです。

秋は台風が多く、台風が来る直前に小学校の授業も途中で
終わらせ、全員が早く帰されました。

その時は風が強く吹き、風の音がとても恐ろしく聞こえていたのが
思い出されます。

恐くて急いで家に帰り、家では父が雨戸が外れないように板を
交い、ろうそくと懐中電灯を台風に備えて用意しているのです。

冬は今よりもっと寒く、舗装された道路も少なく、朝になると
通学道路のあちらこちらに氷が張り、足でわざと氷を踏みながら、
パリ、パリとする音を楽しみ、道の右側に張った氷を踏んだり、
左側に張った氷を踏んだりとまっすぐに進まず、右に寄ったり、
左に寄ったりと氷を割りながら通学していたのを思い出しました。

今思うと四季のはっきりした良き時代でした。

今は自然がおかしくなっているのではないでしょうか?

世界を見てもハリケーン、洪水、寒波、津波等色々な自然災害が起きています。

人的災害、戦争、テロ等地球がおかしくなってきているのではと思うのです。

人間が自然破壊をしている今、地球が怒らなければいいのですが。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 



posted by ワンコママ at 22:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。バツイチさんのとこから飛んできました。
あたしのオカンも似たようなこと言ってたよ。
昔は月にふさわしい気候だったって。
おんなじ様な風景を語っていたのを思い出します。
現在、地球は何かを訴えているんでしょうね。
Posted by sakiko at 2006年05月13日 00:02
ほんと日本の四季がおかしくなってきてますよね。問題ですー。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年05月13日 10:23
わたしもブログを始めてからはずっと温泉には行けてません。そろそろ何とかして行かなければとは思っています。温泉・・いいですよねぇ^^
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年05月14日 13:07
昨日は温泉でなく軽くドライブに行きましたが空に地震雲を4つ発見。あとでわかりましたがあるとこで震度4。起きてました。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年05月15日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

洪水
Excerpt: 洪水洪水(こうずい)とは、大雨・融雪が原因で河川の増水・氾濫により引き起こされる自然災害(天災)の一種である。洪水等により、もたらされる被害を総称して水害と呼び、これを制御することを治水と呼んでいる。..
Weblog: いろいろな災害
Tracked: 2006-05-13 11:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。