2006年04月19日

パリの街 一人旅、独り歩き

サン・ルイ島からセーヌ川に架かっている橋マリー橋を渡りながら
初めてパリの街を歩いた時に、感じた事を思い出していました。

パリの街でまず、ゴミが落ちている事にびっくりしました。

道の両端にゴミが溜まっているのです。

何て汚れた街なんだろうと思ったのが第一印象でした。

そしてその後に、エッフェル塔でフランス人に嘘をつかれたのです。
この時点ですっかりパリには良いイメージを持つ事が出来なくなっていました。

がっかりと同時に寂しい気持ちもしました。

本で読んで、そんなものなのかな?と何となく思ったりもしていたの
ですが、何処か気持ちの中でそんな事はないと期待していたんですね。

だから余計がっかりしたんだと思います。

勝手に期待に胸膨らませていたんですが、期待をすっかり
裏切られた気持ちで、ガッカリしていたのです。



Pict0120.jpg



でも、今は違います。

一人で歩いているうちに、何となくパリの街並が好きになりました。

パリの街は地下鉄の移動もいいのですが、意外とパリ市内は
歩きやすく、思ったほど大きな街ではありませんでした。

このあまり大きくない街に有名な美術館、歴史ある建物、
広い公園、有名な教会、川、通り、マルシェ他、とても少ない
日々では、回りきれない素敵な場所が沢山ありました。

その中のほんの一部の場所でも、自分で決め、自分で行動し、
楽しむ事が出来た私がいました。

今、セーヌ川を歩いています。
セーヌ川の橋の上で見る景色、岸を歩いて見る景色、何処で見ても
本当に絵になるような素敵な景色です。

セーヌ川に沿って歩くと遠くにエッフェル塔が見えたり、何本も
架かっている橋をまん中まで行って見ると、橋の両側に色々な建物も見えます。

そして、セーヌ川の岸から街の中に入って歩いて行くと
ルーブル美術館も見えてきました。



Pict0286.jpg



おととい短時間でルーブル美術館に入り、有名な彫刻、絵を
見る事が出来ましたが、出来る事ならば、今度はゆっくり
時間を掛けて、美術館を見たいと思っています。

街中に入って歩きながら両脇に建っている建物を見ている
だけでも楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

そろそろホテルに戻る時間です。

チェイルリー庭園の中を歩きながら、そこを抜けると、
コンコルド広場に戻ってきました。

コンコルド広場から地下鉄に乗ってホテルに帰ります。

これで一人旅も終了です。

何だか、とても寂しい気持ちになってしまったのです。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ




posted by ワンコママ at 21:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい!?ですか。日本に帰ってくるのですか。ご無事でなにより。
Posted by NANAKO at 2006年04月21日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ルーブル美術館」パリ旅行日記@
Excerpt:  さて、ルーブル美術館(詳しい展示は日本語オフィシャルサイトで)です。ここへはパリ到着の2日目の金曜日(到着は木曜夜)で、パリマラソンのゼッケン受け取り用の書類を持ち、ツアーとは別れ開館前から並びに行..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-04-22 10:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。