2006年04月14日

パリの街 モンマルトルの丘を見ながら

ホテルに無事戻った私は、チェックアウトを済ませる事が出来ました。

チェックアウトを済ませた後、電車が動いているか確認したところ、
フロントでは、状況を把握していないようでした。

パリではよく電車が止まるので、気にかけていないようです。

そこへ同じツアーの方がちょうど外から帰って来たのです。

私はすぐに電車が動いているか確認しました。

すると、動き始めたと言うではないですか。

そうとわかったら、ゆっくりしてはいられません。
早速、出発です。

パリに来てから、何度となく歩いたホテルから地下鉄最寄り駅
までの道のり、すっかり見慣れた景色を見ながら、いつの間にか
不安もなくなっていました。

私は、スッキリした気分で、これから向かおうとしている
次の場所に、思いを馳せながら歩いていました。

ホテルから少し歩いたところで、地下鉄の駅に着きました。

朝は友達と一緒に乗った駅ですが、今度は私一人で乗るのです。

今度行く場所は、モンマルトルの丘です。

モンマルトルへの距離は、私の乗った駅からちょうど
反対側の駅になりまして、距離もかなり離れたところにありました。

モンマルトルに行くまでには、2回電車を乗り換えていかなければ
ならないのですが、この頃には地下鉄に乗るのにもすっかり慣れて
きたようで、まわりの人を観察する余裕もでてきました。

勿論、電車の中ではまわりに注意しながら乗ってはいましたが、
日本では味わえない、パリならではの雰囲気を不安な気持ちでは
なく、一人でも楽しむように、乗る事が出来るようになっていました。

乗り換えもスムーズにでき、モンマルトルの丘がある、
アンヴェール駅に到着しました


Pict0076.jpg

電車をおりて地上に出てみると、そこは今まで見たパリの街とは
まったく違った景色を見ているようでした。

アンヴェール駅は人で溢れていました。

今までのメトロのある場所は、ゆったりとした広い道や、
広場があるその中に、メトロがありましたが、モンマルトルは、
狭い場所にメトロがありました。

人が溢れて、歩く道も人、人、というよな感じでした。
きっと駅周辺が狭い為に感じたのかもしれないのですが。

まわりをぐるりと見渡したところ、モンマルトルの丘はすぐに
わかりました。

駅に着き、モンマルトルの丘側にはお土産屋さん、
食べ物屋さんが沢山並んでいます。

いくつもの通り抜けの出来る細い道の両側にお店が並んで
いますが、どのお店にもお客さんが沢山入っています。

私は、その細い道を通りぬけ、モンマルトルの丘へと
歩いて行くことになるのです。

不安な気持ちから、一変してワクワク気分の今の私、
モンマルトルの丘を下から見上げながら、やっぱり
一人で行動して、ここまで来て良かったとしみじみ
思っている自分がいました。

さあ、モンマルトルの丘を目指して私も歩きます。

もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ


posted by ワンコママ at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モンマルトルの丘の写真ないですか?見てみたいです。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年04月15日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。