2006年04月09日

パリの街 マルシェ

フランスを離れる日の朝、ホテルでの朝食を食べながら
今日は別行動の為、くれぐれも気をつけるようにと、友達は
心配そうに、私を気遣ってくれました。

大丈夫、心配しないでと言いながら、やはり不安な私でした。

ホテルを一緒に出る時に、友達は宿泊ホテルの案内パンフレットを
何かあったらホテルを目指して帰って来るようにと、私に持たせて
くれました。

うっかりしていました。
フランス語が話せない私なのに、何かあるとは想像もして
いなかったので、思いつきもしませんでした。

「ありがとう」と言いながらバックにしまい、みんなでホテルを
後にしました。

このパンフレットが後で役に立つとは、この時考えもしませんでした。

私達は一緒にメトロに乗り、最初の乗り換え駅で友達3人は電車を
降り、他の電車に乗り換えです。

ここでお別れ、これからは私一人でパリの街を観光です。
私が提案した事なのですが、急に不安で寂しくなってきました。

パリのメトロに初めて一人で乗っているのです。
旅慣れている人にとっては大袈裟に思われる事でも、私にとっては
電車の中は緊張でした。

私も友達と別れた2つ先が乗り換え駅でした。

最初の目的地、ヴァンヴのノミの市、パリのマルシェに出掛けたのです。


Pict0039.jpg


パリの南部、ヴァンヴ駅で降り少し歩いたところに、ヴァンヴの
ノミの市がありました。

家具、古美術品、骨董品、食器、古本などアンティークな品物が沢山ありました。

やっぱり一人で来て良かったとやっと思い、物珍しく眺めながら歩いていました。

すると、同じツアーのご夫婦とバッタリと会ったのです。
ご夫婦も私と同じヴァンヴのノミの市に来ていたのです。

顔見知りの人がいたと、ちょっとホッとしてお話をしていたところ、
大変な事に気がつきました。

私はご夫婦から言われるまで忘れていたのですが、ホテルを
午前中に、チェックアウトしなければいけなかったのです。

午後にはホテルに戻るのですが、午後では遅いのです。

良かった、お話しが聞けてと思い、ご夫婦と別れた後ノミの市を
ひとまわり見て、とりあえずチェックアウトしにホテルに戻る事にしました。

そして、改めて最初に計画した観光地に行く事に決めました。

メトロに乗り、行きに乗り換えた駅に来る手前で、電車の中に
アナウンスが流れてきたのです。

勿論フランス語でのアナウンスです。

何と言っているのだろう。
昨日から今まで何も放送された事が無かったのに、
何か起きたんだろうかと、状況がつかめないまま乗っていました。

まわりを見渡したところ、他の乗客の方は何かを理解した顔で
(フランス語なので当然わかるのですが)黙っているのを
見ていると、余計に不安になってきたのです。

何があったのだろうか?

しばらくすると、来る時に乗り換えた駅で、電車が止まってしまいました。

乗っていた乗客がみんな降り始め、電車の中は空っぽになり、
皆ホームに立ちすくんでいるのです。

私もとりあえず降りました。
何があったのか全然理解出来ません。

でも、何か事件が起きているのです。
どうしよう。
何があったのだろう、私どうしたらいいんだろう。

  もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ

posted by ワンコママ at 20:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?o
Posted by e-アフィリ at 2006年04月09日 21:02
ワンコママさん

こんばんは☆

香港でなら英語と広東語なので

なんとなく解りましたけど

あざぶじゅば〜んなフランス語じゃ

訳解らんですよね

心細かったでしょうね

でも、旅の思い出ですかね

続きが楽しみになりました
Posted by hongkong77 at 2006年04月10日 00:10
フリーマーケットや骨董市が大好きなわたしですのでノミの市にはとても憧れています。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年04月10日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。