2006年04月07日

パリの街 セーヌ川を見ながら

パリの街の有名な場所を、欲張って観光しようと思ってスタートした
のですが、時間の経つのは早く、オペラ座からルーブル美術館を
目指しながら、、1日ではやっぱり思うようには廻る事が
出来なかったかなと、少し心残りな気持ちで歩いておりました。

ルーブル美術館は、昨日、短時間という短い時間で何ヶ所かの
有名な絵や彫刻を見てきましたが、何日かに分けて見なくては
全部見る事の出来ない広さ、それを短時間でしか予定を
組めなかった事が、仕方ない事にしても残念でした。

今日の最後の観光巡りとして、外側からルーブル美術館を見ようと
行ったのですが、まだ人がたくさんそこにはいました。

日もかなり暮れかかってきていましたので、コンコルド広場まで
歩いて、そこから地下鉄に乗りホテルに帰ろうと歩いておりました。

左側にはセーヌ川が流れています。


Pict0106.jpg


初めてパリの街に足を踏み入れた時、最初に感じたことは
イメージ的に奇麗な街を想像していたのですが、道にはゴミが
沢山落ちているし、犬のふんがも掃除されないまま残っているのです。

出発前の知識として予想はしていたのですが、やっぱり奇麗な
街であったら、きっと、もっと素敵なのになと思いながら、
セーヌ川を見ていました

セーヌ川の景色はどこから見ても素敵でした。

川の端から見ても、橋の上に乗って見ても、とても見ごたえが
あり、そこはやっぱりパリの街、セーヌ川のあちらこちらに
絵を書く人がいます。

セーヌ川を見ながら、ふと、あることを思い始めたのです。
何か急にグッと感じて来る、胸から込み上げてくる思いが湧いてきました。

明日がフランス旅行の最終日

明日パリを経ち日本に帰ります。

明日半日しかパリにいる事が出来ないのです。

その事を思い始めた瞬間に、明日は自分一人だけでパリ市内を
歩かなければだめだと、自分の中でもう一人の自分が言っている
ような気がしてきたのです。

帰り道は、どうしても明日半日は一人で歩きたいと強く思い始めていたのです。

コンコルド広場から地下鉄に乗り、ホテルに帰る事になりました。

食事もすませ、ホテルで明日の予定を話していました。

私がパリの街を単独行動の提案をしたら、きっとみんな心配する
だろうなと考えると、思っていても話を切り出せないでいました。

ところが、ずーと考えていたからだろうか、気がつくと自分の
口から明日私だけ別行動したいと、友達3人に話しかけている
自分がいるのです。

ショッピングする事も好きだけど、明日は観光だけしたいと思う
気持ちを話し、みんなは、まだブランド品を見たり、買い物が
残っていたので、余計に明日こそは観光に集中したいと思う強い
気持ちがあったのです。

自分の気持ちの中のもう一人が、一人で行動しなさい、
またいつパリに来れるかわからないよ、
一人で行動しなかったら後悔するよと、言っているのです。

みんなゴメンね、私のわがままで。

 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ


posted by ワンコママ at 22:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国の川って規模が違いますね。実際に見てみたいです。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年04月08日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。