2006年03月29日

自然のありかたとは?

今日は朝からとても強い風が吹き、寒い朝になりました。

せっかく開いたのにと、桜の花を見に行ったところ、
まだ咲き始めたばかりなので、花びらは散っては
おりませんでしたが、桜のつぼみが茎から折れてしまい、
公園に落ちていた桜をいくつか見つけました。

強風で折れたのでしょう、何本か落ちていました。
可哀想に花を咲かす事が出来ずに折れてしまって・・・・・・。

そういえばいつの頃からだろう?
強い風が吹いても砂ぼこりが起きなくなったのはと、
ふと考えてしまいました。

以前は風が吹くと目に砂がはいり、痛くて目を開けている
事が出来ず、手で顔を覆いながら外を歩いていたのを
思い出しました。

今は、道路はアスファルトになり、公園の砂場がなくなったり、
まわりを見ても、土がだんだん少なくなってきています。

最近時々思うことがあります。
花粉症って昔からあった症状なのでしょうか?

私の思い込みなのかもしれないのですが、昔は花粉症の症状を
訴えている人がいたのだろうかと、思ってしまいます。

花粉症と言う病名が、病名として存在しなかったのかも
知れないのですが。

花粉症がここまで大勢の人に症状として出る原因は、自然破壊
なのかと思う事があります。

今のこの時代は、道がアスファルトで埋められ、スーパー、
コンビニ、ビル、マンション、大きな建物、駐車場、
すべて土が埋まってしまい、その上をアスファルト等で
埋めてしまっています。

自然って循環していると思うんです。
悪い物を吸収してくれているのかもしれません。

今、土が呼吸をする事が出来なくなっているんではと
思うんです。

地球の温暖化もそうですが、地球が今、呼吸が
出来なくなってきているんではないでしょうか。

色々な病気が出てきているのは人間への警告のような気がします。

自然を人間の手で、破壊してほしくないです。


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ




posted by ワンコママ at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも風で寒くってお花見の予定も延期になるみたいですよー。
Posted by バツイチ女のひとり言 at 2006年03月30日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。