2006年06月01日

許せないオレオレ詐欺

頻繁に起きるオレオレ詐欺、他人事のように思っていた私だったの
ですが、身近で実際に起きたのです。

日頃オレオレ詐欺には絶対に騙されることはないと言っていた友達
が、オレオレ詐欺にあやうく引っ掛っりそうになってしまったのです。

ある日、信じられないような顔をして、私にオレオレ詐欺に騙され
そうになった事を、話してくれたのです。

彼女には息子さんがいるのですが、その息子さんから電話がかかってきたのです。

息子さんが交通事故をおこし、相手の人にケガをさせてしまったと
言うことでした。

これから病院へ行くんだけど居合わせた弁護士さんが間に入り、
示談の方向で、話を勧めているという事なのです。

会話の途中で息子さんと弁護士が電話をかわり、弁護士が話し始めたのです。

交通事故を起こしたことは息子さんの将来に関わる事だし、ここは
穏便に解決したいので、300万円用意してほしいという話でした。

嘘だと思いながら息子さんの声だし、息子さんの学校生活、夏の
夏期講習や息子さんの運転している車の保険会社の名前等
息子さんでなければわからない内容を話しているので、すっかり
信じてしまっているのです。

今すぐ300万円は用意出来ないが、100万円ならこれからすぐ
用意して持って行くのでという話で終わらせてしまっているのです。

電話を切った後、息子さんに電話をするのですが通じないのです。

彼女は急いで銀行へ行き、100万円を持って指定された場所まで
出かけて行ったのです。

指定された弁護士協会の事務所まで行き、中に入ろうとした時に
守衛さんから呼び止められ、話を聞かれたそうです。

誰がみても正常ではないように見えたのでしょう。

守衛さんから声をかけられ、事務所の場所を尋ね訳を話した時に、
「奥さん、あんた騙されているよ」と守衛さんから言われたのです
が、彼女は「そんなはずはありません、私は確かに息子と話を
しているのですから」と疑ってはいないのです。

「息子さんに連絡がつかないなら、学校に電話してみなさい」と
言われ、彼女は学校に電話をしたのです。

息子さんは学校にいました。

この時点で初めて自分がオレオレ詐欺に引っ掛っていた事を理解したのです。

結局オレオレ詐欺に振込をするように指示されたのですが、
息子にあって話したい為に直接弁護士にお金を渡そうと思った時点
で、お金を失う事はなかったのですが、私にこの事を話していた時
でさえ、まだ信じられない様子でした。

この彼女、自分は絶対に引っ掛らないと言っていたにも関わらず、
あっさり引っ掛ってしまったのです。

自分が引っ掛るのは信じられない、でも引っ掛って初めて
誰でも騙される可能性があると話していました。

親の子を思う気持ちに付け込んだ、許せないオレオレ詐欺、
人を騙してお金を得ようとする、やり場のない怒りが込み上げてきます。

悪い事に頭を働かせないで、もっともっとやらなければならないこと
はまわりに沢山あるはず。

良い事に、人を助ける事に、頭と体を使ってほしいです。


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 22:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

九州旅行 贅沢なツアー

バスに乗った私達は、少し後ろの方に座ろうと後ろへと歩いていた
ところ、ガイドさん、前に座っていただけませんかと前に座るよう
促されてしまいました。

やっぱりそうなるよねと、私達は前にかたまって座ったのです。
席が沢山あるので散らばって座っても十分余るのに。

さあ、出発です。

バスの中、マイク無しでも十分に声は聞こえるのですが、マイクを
使ってガイドさせてくださいと、通常と同じようにマイクを使って
のガイドとなりました。

私達とガイドさんの距離、1メートルと離れていません。

通常のように運転手さん、ガイドさんの紹介から観光が始まりました。

18才の可愛いガイドさん、その年に入社した新米ガイドで、
きっと練習を兼ねて私達のバスに乗ったのではと思ったのです。

小人数のバスツアー、しかも今回はたったの3人、通常バスに
乗ると、いつの間にかウトウトと眠くなる私なのですが、
この時ばかりは寝るに寝れない私達なのです。

バスに揺られて気持ちよく、睡魔に襲われてしまうのですが、目を
閉じずに、しっかり話を聞いていなければと自分に言い聞かせ、
とても辛いな〜と思っていたのが思い出されます。

何ヶ所か見学をしたのですが、可愛いガイドさんは一生懸命案内を
してくれていました。

仕事とは言え、3人だけのための案内は物足りなく寂しいのではと
聞いたところ、以前には新婚さんだけのツアーもあったんですよと
話すではないですか。

新婚さんだけというのは2人だけですよ、何というモニターツアー
なのと、びっくりしたのです。

普通のツアーなら絶対に企画を中止にするはずなのにと思い
ながら、そんな大型バスにお客さん3人の贅沢ツアー、二泊三日の
一日目の観光は終了です。

ホテルに到着です。

また明日ホテルにまでお迎えに来ますとガイドさん、
そして運転手さんと別れたのです。

明日また3人で大型バスに乗るのかな?

翌朝、お迎えに来ていたのはバスではなく観光タクシーでした。

何かホットした気持ちと、寂しい気持ち、やっぱり予定が変更される
のではと思っていた私達は、残り2日間は観光タクシーでの観光となったのです。

観光タクシーで2日間、モニターツアー料金以外請求される事なく、
この旅は贅沢な旅として、残り2日間も運転手さんに運転と
観光案内を兼ねていただき、バス旅行ではまわれないところにまで
行っていただき、とても贅沢な観光ツアーになりました。

何か不思議なツアー旅行として今も思いだされる旅行になったのでした。


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 21:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

九州旅行 驚きのツアー

10年程前になりますが、モニター旅行で九州へ行ったときのことです。

私達は3人でのツアー参加だったのですが、現地の鹿児島空港で
添乗員さんと、今回のツアー参加の人達との集合の予定だったのです。

当日は台風発生で、飛行機が飛ぶかどうかということでしたが
とりあえず空港まで行き、飛行機が飛ぶということで私達は
飛行機に乗り、離陸する事ができたのです。

後で聞いた話ですが、私達が乗った飛行機の後の便からは欠航に
なってしまったのです。

九州は台風が通過した後で、その後関東へと台風が向かって
いた為、その時の飛行航路は通常のルートとは違っていたと思います。

九州が見えてきました。

気がつくと、飛行機は左側が海側、右側が陸川を海岸線に沿って
しばらく飛行していました。

多分、宮崎県の日南海岸あたりだと思います。

そして無事に鹿児島空港に着いたのです。

鹿児島空港に無事に着いた事を報告しようと思い、出口に向かう
途中の公衆電話で家に電話をしたのですが、その時間はほんの
2、3分だったと思います。

当時は携帯電話はなく、電話連絡は公衆電話だったのです。

出口に向かっていた途中で、アナウンスが流れ私達が呼ばれたのです。

いけな〜い他の参加者の人達はすでに集合して、私達が一番最後
になってしまったんだと思い、あわてて集合場所にいったのです。

するとそこにいたのは若いガイドさん一人だけだったのです。

あ〜他の人達はバスに乗ってしまったんだと思ったのと同時に、
そんなに遅れるほど時間は経っていないはずなのにとも思ったのです。

すると、何と驚きです。

ガイドさんに遅れたことを詫びたところ、参加者は私達3人だけだったのです。

誰も出てこなかったので心配してアナウンスを流したそうなんです。

外にでた私達を待っていたのは超大型バス、他の観光バスより
大きいバスが、私達を待っていたのです。

私達3人、運転手さん、ガイドさんの5人だけで乗るのです。

私達のバスの脇を通る他のツアーの人達が私達の会話が
聞こえたのか「え〜、あのバス3人かよ、うそ〜」と言って
通り過ぎて行ったのです。

その人達が乗るバスは、確かに私達が乗るバスより小さい
バス、そして大勢の人が乗っているのです。

私達だって信じられないんですよ〜。

とりあえずバスに乗った私達、何処に座っても自由なんですよ。

こんなツアーありなのかしら?

不思議な気持ちで出発です。どうなることやら?



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 21:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

趣味が導くパワー

何かに夢中になる。

すると、今までの自分ではないもう一人の自分がいたことに気づく。

もちろん同じ自分ではあるのですが、ものすごいパワーを持った自分に気づく。

生き甲斐を見つけたように、何をしていても楽しくなり、
いつもニコニコできる気がする。

それでも、本人はそのパワーに気がつかない自分でいるのです。

昨日のテレビのニュースで見たサッカーの練習について友達は言うのです。

昨日の大雨の中でもサッカーファンは、選手を見たくて帰ろうとせず
サッカーの練習を見ている事に驚いたと話している。

私は透かさず彼女に聞き返した。

あなたの場合はどうだったの?

昨年のことになるのだろうか、お気に入りのスターが日本に来日
した時、滞在期間中、彼女は彼の追っかけ。

また、彼のステージを見たいが為に葉書で申込み、今回の抽選ははずれ。

それにもめげず、会場に彼女は詰めかけ、朝から晩まで彼が会場
から出て来る姿を、一目見ようと外で待ち伏せ。

外は4月というのに、ひょうが降っていたとても寒い日だったのです。

それなのに一日中外で待っていても、帰ろうという気にはならなかったのです。

その待つ事がちっとも苦ではなかったと話す彼女、それどころか
お気に入りのスターと、逢えるのではと、気持ちはワクワクだったはずです。

夢中になっている時のパワーは、いつもの自分にない力強いもの
が出ているのに、本人は気づいていないのです。

彼女の場合、夢中になったおかげでもう一つ別の効果もあったのです。

今まで家族にだけ目が向いて、それぞれに気になっていた部分が、
気にならなくなっていたそうです。

たぶん、注意が他に向き口うるさくなくなったのですね。

息子さんの自立にも、寂しさが思った程無く、これも趣味のパワー
だと話していました。

私の目から見ても、以前の彼女より数段に明るくなり、友達も出来、
社交的になってきている。

人間の中には気づかないパワーが潜んでいる。

ある日突然パワーが飛び出して来るような感じ。

自分にも隠れたパワーが絶対にあるはず。

そのパワーを引き出して、仕事でも、家庭でも、遊びでも、
楽しい、充実した日々を過ごせるはずです。

まず、楽しめるものから始めてみませんか?


 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

初対面も自分から

初対面の人達の集まりがあった場合、緊張したり、身構えたりする
と思うのですが、その中にも自分の方から親しく声をかける人、
ただ黙っている人、声をかけられるのを待っている人など、
それぞれ異なった性格の人がいます。

初めての人に、声をかける事の出来る人は以前からの友達のように話している。

初めての人に、声をかける事の出来ない人はただ黙っている。

何故?

相手が知らない人だから?

恥ずかしいから?

話題がないから?

私は以前は人見知りが強く、何となく気持ちが分かる気がします。

でも、一人ポツンはつまらない。

何の為にその場所にいるの?と疑問を思った事がありました。

人見知りのない人は誰にでも声をかけ、楽しそう。
中には以前から友達のように話をしている人もいる。

ある日、私もその人をまねするように私から声をかけてみた。

すると、声をかけた相手とは自然と会話ができる。

一人でポツンとしているより楽しい、そこからも意気投合して
話が弾み、次に会う約束が出来、友達になっていくかもしれない。

この出会いが、友達が出来るチャンスになるのかもしれないのです。



友達に遊びに行こう、飲みに行こうと気軽に誘う人と、
誘う事よりも、誘われる事を待つ人とがいる。

何故?

恥ずかしいから?

断られるのが嫌だから?

面倒だから?

それとも相手に予定があるのではと勝手に想像してしまうのかな?

誘われた相手も、行きたい時は気楽に行こうと言うだろうし、
都合が悪ければ断ってくる。

誘われることは嬉しい。
いつも誘われなければ寂しい。

すべて待つのではなく、自分の方から声をかける方が、
友達もたくさん出来るし、友達との仲も長くつきあえる。

友達が出来ない、少ないと言う人がいるけど、じぶんの気持ち
次第で、年齢に関係なくいつでも友達は出来ると思う。

人の集まる場所、趣味、勉強、自分の楽しめる場所なら同じ趣味で
気の会う人がきっといるはず。

まず自分から声をかけよう。
自分から好きになろとしている相手だもの、きっと相手にも好かれて
いると思います。



「おはよう」「こんにちわ」の挨拶はかけたほうも
かけられた方も気分がいい。

初めて顔を合わせた隣の人、自分から声をかけた方が気持ちがいい。

声をかけるのを躊躇う理由がきっとあるはず、

はずかしいい、嫌われたらどうしよう。

自分でわからなくてもきっとあるはず。

でも、声をかけてみよう。

きっと、気分がよく、幸せな気持ちになるはずです。

勇気を出して自分から、きっと友達がいっぱいできますよ。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

自然への思いやり

買い物の途中ペットショップの前を通った私は、思わず中を覗いて
見たところ、可愛い子猫と子犬と目があい思わず中に入ってしまいました。

可愛い!!
中に入ると寝ていても、動いていても、しぐさがとても可愛く
釘付けになってしまうのです。

動物が大好きな私なのですが、最近になってペットショップに
入る事が、出来なくなってしまっていたのです。

この子達、だれに飼われるのだろう?

最後まで可愛がって面倒みてもらえるんだろうか?

考えなくてもいいような、余計な事を考えてしまうのです。

そして残った子はどうなるのだろうと考え、とても辛くなってしまうのです。

このような考え方をする私が変なのでしょうね。

動物に携わる仕事ってたくさんあるけれど、動物を殖やして売る、
これもビジネスの一つかなと思うと、切なくなってしまうのです。

いつのテレビ放送だったのか、あいまいな記憶しかないのですが、
地球の温暖化で氷河が溶け、気候の変動が生物の絶滅につながり
人間の生活にも影響を与えているとのことでした。

この現象も少なからず、便利さを求めて様々な事業に伴って、
徐々に発生した現実なのです。

誰の為のビジネスか?何の為のビジネスか?
自然にとっては?との問いかけです。

森林を伐採し、海や川を汚し、動物は山に食べるものがなくなり、
山から人が住んでいるところにあらわれる。

人に危害を加えようとしているのではなく、生きる為に食べ物を
探しに来ているのです。

人間が自然を破壊しなければ、動物は住んでいる場所で食べ物を
探す事が出来たのです。

文明が発達しての温暖化、海の水温も、水位もおかしくなっています。

何の為の利益追求なのか、誰の為の利益追求なのか、
自分が潤えばいいのか、自分が満足すればいいのか。

生き物を、自然を、そして人間一人一人を思いやる気持ちを持てる
人がたくさんいたら、これからもっとその気持ちを大切にしようと
思う人が増えたら、自然破壊のペースが鈍り、自然が復活してくるかもしれない。

便利さだけを求めず、利益だけを求めず、自然を守る事、生き物を
守ること、今なにが出来るか、一人一人が力を合わせて、小さな
事からでもと願っています。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

子供の頃

5月といえば爽やかな季節のはずなのに、
今日の東京は、朝から肌寒さを感じるような陽気です。

例年ならすでに半袖で歩いている頃なのに、今年は上着がはなせません。

今週はほとんど雨の日が続き、梅雨がもうきてしまったのかと
錯覚するような毎日です。

私にとって5月は一番好きな季節のはずなのに、今年はとても晴れ
間が少なく、何だか損をした気分でいます。

私の子供の頃、東京に住んでいましたが、四季がもっとはっきり
していた気がします。

春になると入学式の時期は桜が咲き、土手にはのびるやヨモギ、
つくしが芽を出し、近くのお団子屋さんが土手で草団子にする
ヨモギを摘んでいる事もあり、一緒に手伝ってヨモギ摘みをしたり、
れんげの花を摘んで花輪を作ったりと楽しんでいたものです。

夏は今みたいにクーラーはなく、扇風機とうちわ、そして蚊取り線香でした。

今は蚊帳はなくなってしまいましたが、当時は蚊帳をつり、蚊帳の
上にボールをのせ、子供だった私は、寝ながら足をあげ、ボールを
蹴りながらはずませて遊んでいたのです。

秋は台風が多く、台風が来る直前に小学校の授業も途中で
終わらせ、全員が早く帰されました。

その時は風が強く吹き、風の音がとても恐ろしく聞こえていたのが
思い出されます。

恐くて急いで家に帰り、家では父が雨戸が外れないように板を
交い、ろうそくと懐中電灯を台風に備えて用意しているのです。

冬は今よりもっと寒く、舗装された道路も少なく、朝になると
通学道路のあちらこちらに氷が張り、足でわざと氷を踏みながら、
パリ、パリとする音を楽しみ、道の右側に張った氷を踏んだり、
左側に張った氷を踏んだりとまっすぐに進まず、右に寄ったり、
左に寄ったりと氷を割りながら通学していたのを思い出しました。

今思うと四季のはっきりした良き時代でした。

今は自然がおかしくなっているのではないでしょうか?

世界を見てもハリケーン、洪水、寒波、津波等色々な自然災害が起きています。

人的災害、戦争、テロ等地球がおかしくなってきているのではと思うのです。

人間が自然破壊をしている今、地球が怒らなければいいのですが。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 



posted by ワンコママ at 22:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

子供への教え

今の時代、知らない人から声を掛けられてもまず疑ってみる事から
子供達は教えられています。

仕方のない事だとは思いますが、とても寂しく、
心がどんどん冷えて行くように感じます。

あるお母さんの話ですが、子供だけで留守番させる時には
ピンポーンとベルが鳴っても絶対にドアを開けてはいけないと
言い聞かせているそうです。

ところが子供だけの留守番のときに、ピンポーンとベルが鳴った時、
子供達はハーイと、ドアを開けてしまったそうです。

もちろんそれを知ったお母さんは子供に注意をし、
今度からはドアを開けないようにと忠告したそうです。

なぜいつも構えながら、人を疑うように教えなくてはならないのか、
いつの頃から、人を信じる事が出来なくなってしまったのだろうか
と、情けない気持ちになってしまいます。

そんなある日、お母さんは両手に買物袋を提げて家に帰って来た時のことです。

お母さんはピンポーンとベルを鳴らしたのです。

中から、「どなたですか〜」と子供の声。

そのお母さんは「お母さんよ、早く開けて」と言ったところ、
中から返ってきた言葉、「本当にお母さんなの?」って言葉が返ってきたそうです。

お母さんは「本当にお母さんよ、早く開けなさい」と外から叫んで
ドアを開けてもらったそうです。

これってお母さんの教えをしっかり子供は守ったのですよね。

そこでお母さんは子供にどんな対応をしたのかな?

聞きながら笑ってしまいました。

人を信じる事が出来る世の中になるといいですね。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 20:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

心の引き出し

机の引き出しを整理していた時に、中から小さなメモ書きが出てきたのです。

私の娘位の年齢のその人は、去年の暮れに会社を退職するからと
ハンカチを私にくれたのです。

ハンカチを頂きとても嬉しく、帰ってから中を開けたらその中に
メモ書きが添えてあったのです。

そのメモ書きにはその彼女から見た私の事が書かれていたのです。

その文章を読んだ私は、ジーンと胸が熱くなる思いがし、とても
嬉しかった事を思い出しました。

小さく纏められた文章の中に、思いやり溢れた言葉が書かれて
いて、細かな気遣いにとても感激をしたのです。

自分が感じている気持ちは、思っているだけでは相手には
伝わらないのです。

でも、それを言葉にする事によって、手紙を書く事によって、
これほどまでに相手に気持ちが伝わるのです。

あらためて、言葉の大切さが私の心に響いたのです。

言葉は使い方で相手を傷つけたり、怒らせたり、不幸にさえしてしまいます。

日頃、イライラして思ってもいないのに、つい冷たい言葉を口に
してしまう事があります。

相手もそれに答えるように、冷たい言葉を返してしまう。

家族は大切な人、夫、妻、子供、気持ちが通じず心が
病んでいるかもしれません。
寂しい思いをしているかもしれません。

大切な家族にこそ、暖かい言葉をかけ、暖かい言葉で
答えられたら、きっと幸せな気持ちになるのではないでしょうか。

言葉は、感謝の言葉、誉める言葉、思いやりのある言葉、
相手へ言葉にする事によって心が通じるのです。
その言葉を聞くと、聞いた人間は幸せになり、心が癒されます。

大切な家族へ、感謝の気持ちを言葉にして伝えてみませんか。

そして大事な友達にも言葉にして伝えてみませんか。

言葉にする事によって、きっと自分の気持ちも癒されるのではないでしょうか。

私は頂いたメモ書きを、またそっと元の場所へしまいました。

そして、メモ書きを読んだ感激を、心の引き出しへしまいました。

今度は私が心の引き出しから出して、感謝の気持ちを伝えます。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ




posted by ワンコママ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

ふと、思った事

今日は朝から天気も良く、静かなところに行きたいとの友達の
希望、この連休の合間で静かな場所はと考えながら、通称
あじさい寺と呼ばれている本土寺へ電車に乗って出かける事にしました。

そこは5月、6月と菖蒲、あじさいが咲き、秋は紅葉と、
その時期は大変混雑するのです。

子供の日でもあり連休の合間でもあった今日は、多少の混雑は想定
していたのですが、菖蒲、あじさいの花が咲くには早かった為か、
とても空いていました。

あじさい寺には、藤の花がきれいに咲き、いつも混雑している時に
来ていた私達は、時季はずれの為菖蒲、あじさいが咲くのは見る事
が出来なかったのですが、風がさわやかで、気候も良く、ゆっくり
散策が出来、とてもゆったりとした気分で過ごす事が出来ました。


Pict0350.jpg



5月、新緑の時期でもあり、森林浴に浸りながら、自然を満喫していました。

日本の自然、四季は変わりなく一年が繰り返され、それぞれの
四季を楽しみながら味わえる日本、私は春夏秋冬のそれぞれの季節が好きです。

でも、ふと思ったのですが、毎年この時期は所々でこいのぼりを
見る事が出来たのに、今年は私の回りでは、全然見る事がなかったのです。

なぜだろう、マンションが増えたからなのだろうか?と考えて
みたのですが、昔からの風習、だんだんなくなってしまうの
だろうかと、ちょっと寂しい気持ちになりました。

最近、暗いニュースが多く聞かれますが、人間同士のつながり、
親子のつながり、思いやり、優しい言葉、だんだん薄れて行くような気がします。

そして、人間同士のつながりが薄れ、必要以上のストレスを溜め、
イライラして疲れてる。

もっと心にゆとりを持って、思っている事をお互いに言葉にして

いつもありがとう。

私はあなたが好きです。

私はあなたがいて幸せです。

この言葉を大切な人に伝えられたら、きっと心は落ち着いてきますね。

そしてこの言葉が相手に伝わって、相手の気持ちも和み、
心が癒され、励まされ、お互いに幸せな気持ちになります。

言葉って不思議な力がありますね。

ふと、そんな事を思った日でした。



 もしよろしかったら、1クリックお願いします。
   人気blogランキングへ



 
posted by ワンコママ at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。